シ・ピ・エルは、展示会、イベント、文化施設、商業施設など、人々が交流する、
あらゆる空間創りの企画設計から施工までのお手伝いをしています。

HOME > 空間創造屋のこぼればなし > オフィス日記
オフィス日記
上海だより 「上海万博関連」
2010年04月16日

「上海万博期間中、ホテル軒並み値上げ」

上海万博の開催期間中には、のべ7千万人以上が万博会場を訪れると言われているので、上海市内のホテルは軒並み値上げが予想されています。最高で3倍以上も値上げを行うところもあるとみられています。万博会場に近いホテル15軒を対象に、調査されたもので、5つ星ホテルが3軒、4つ星ホテルが5軒、3つ星ホテルが2軒、2つ星ホテルが2軒、ビジネスチェーンホテルが3軒となっています。調査によると、15軒の期間中の平均値上げ率は40%で、標準タイプの部屋の価格(1泊あたり)をみると、5つ星ホテルは現在の価格1900-2500元を2300-3千元に値上げする予定で、平均値上げ率は約25%に達するであろうとのことです。4つ星ホテルは現在の価格約1000-1600元を平均で300元から500元引き上げる予定で、平均値上げ率は30%になると予想されます。 3つ星ホテル、2つ星ホテル、ビジネスホテルは値上げ率がさらに大きく、平均で40-60%に達するのではないかとのことだそうです。

「上海万博タクシー登場」

上海万博タクシーというのができたそうです。予約の電話番号は96822で、統一番号で呼ぶことがでます。普通のタクシーだと4元の予約料がかかりますが、上海万博タクシーでは予約料がかからないそうです。運賃も普通のタクシーと同じで、車種はハイブリッド式のBUICKタイプとVWのTOURMの2車種が走ります。運転手は、上海の5大大手タクシー会社のベテランドライバーが担当しているそうです。流しでも乗車することができるということで、ぜひ、利用してみてください。

東京2つのタワー
2010年04月12日

いよいよスカイツリーが東京タワーの高さを抜き、
連日多くの人が訪れる新たな観光スポットとなってきました。
新しい時代の東京のシンボルとして、完成が楽しみです。
しかし、私たち浜松町に居るものとしては、やはり東京タワーです。
電波塔として1時代を築き、世界にも知れた東京タワーはやはり東京の
代名詞なのかと感じます。電波塔の役目を終えても、パリのエッフェル塔の
ように、東京のひとつのシンボルとして、また、昭和の文化遺産として
後世に残していってほしいと思います。これから、電波塔の役目がなくなり
周りに高層ビルが建って、タワーが見えなくならないことを祈ります。


上海は今!
2010年03月01日

「上海の中型レストランで喫煙規制」 

来月から「上海市公共の場での喫煙規制条例」が3月1日から実施されます。
同条例に基づき、上海の中型レストランはいずれも喫煙場所を設け、
それ以外の場所は禁煙となります。
中型レストランとは営業面積150―500平方メートルまたは
75―250席を備えるレストランです。
レストラン以外にも、全面禁煙となる12の公共の場や喫煙場所を
設けなければならない公共の場が明確化され、
1994年の政府喫煙規制規定に比べ禁煙範囲が拡大し、
スーパーやエレベータ、ネットカフェ、金融機関の窓口なども
禁煙場所に指定されました。 条例では特に、目立つ場所に禁煙表示と
通報番号を統一表示したり、灰皿の設置をやめたり、
喫煙者への注意を呼び掛けています。また、喫煙制限を支持する
市民は89.3%にのぼっているそうです。
上海へ訪れる愛煙家の皆様、お気をつけください。

旧町名復活 (金沢オフィス)
2009年11月03日

11月1日より当社金沢オフィスの住所が高岡町から「上堤町」(かみつつみちょう)に変わりました。これは金沢市や市民が進めている、藩政からの町の呼び名を取り戻そうという活動で、このたび、金沢オフィスも旧町名へ変更することとなりました。
時は移り、街の様子も変わっていますが、金沢はやはり藩政期をひとつのベースとしていることが、今でも「城下町金沢」を誇りとし、その文化を守り繋ぐ市民の心だと思います。

上海万博関連情報 パート2
2009年05月27日

上海オフィス発:

上海駅北広場が変る。

上海万博へ向かって上海駅北広場の工事が来月から正式に始まり、
2010年3月に工事完了し使用開始して電車、地下鉄、路線バス、
TAXなどの新しい北広場でゼロ距離乗り換えを実現する。
計画によると、新北広場建物の一階東側はチケット販売、
西側は軟席休憩室(中国の電車はレベル分別を硬席と軟席、
硬ベット席、軟ベット席に分けます。);二階東と西量側は軟席休憩室で
地下鉄3号線と休憩室の間に繋がる廊下をつくり、新築で総面積は
10165平方メートルになっています。

上海万博期間中の来客予測は7000万人ぐらいで90%が中国国内の
お客を予測され、700万人がオーストラリア館を訪れると予測されています。
5月8日オーストラリア館の封屋根儀式で貿易部部長SIMON GREANさんは
「オーストラリアは万博に8300万オーストラリアドルを投資し、国の歴史始まって
以来万博で最大の投資だ」といっていました。